プリザーブドフラワー
お花屋さん

プリザーブドフラワーアレンジの幅広さ

お花

手作りのプリザーブドフラワーアレンジ

花束(紫)

プリザーブドフラワーを長持ちさせるコツ!

花束(橙)

なんといっても劣化しにくいプリザーブドフラワー

なんといっても劣化しにくいプリザーブドフラワー

花束(橙)

プリザーブドフラワーというものを知っていますか。特殊な液につけて、水分を抜いたお花のことです。大事にすれば、10年ほど綺麗な状態を保つと言われています。
しかし、それは多湿な夏がある日本では難しいことのよう…では、どうすればプリザーブドフラワーを長持ちさせることが出来るでしょうか?まず、当たり前のことのようですが、「お水」を与えることは厳禁です。
お花といえど、飾り物なのでお水は必要ありません。かえって枯れてしまいます。直射日光も避けましょう。日が当たっていると、色が褪せてしまいます。直射日光に限らず、強い照明に当てるのも避けましょう。そして、夏は難しいですが、高温多湿もプリザーブドフラワーの大敵です。花びらがひび割れたり、着色料が滲み出てきてしまいます。四六時中湿度や室温の管理をするのは難しいです。そこで、お菓子などについている乾燥剤、「シリカゲル」などを利用して、湿度を低く保つのも有効な方法でなのでオススメです。プリザーブドフラワーにとって一番良い環境は、「暗い、低温、低湿度」です。
生花では出せない色を出せたり、なんといっても劣化しにくいプリザーブドフラワーを、いつまでも美しく保つために、以上のことに気を付けてくださいね。

TOPICS

お花屋さん

プリザーブドフラワーアレンジの幅広さ

生花と比べて長く楽しむことができるプリザーブドフラワーは、使われる花の種類やアレンジメントの幅…

MORE

お花

手作りのプリザーブドフラワーアレンジ

完成したアレンジメントの状態で売っているプリザーブドフラワーは、花屋さんや雑貨屋さんの店頭でよ…

MORE

花束(紫)

プリザーブドフラワーを長持ちさせるコツ!

誕生日や母の日などの贈り物としてプリザーブドフラワーは人気が高い商品ですよね。贈られても嬉しい…

MORE

PICK UP

花束(橙)

なんといっても劣化しにくいプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーというものを知っていますか。特殊な液につけて、水分を抜いたお花のことです。大事にすれば、10年ほど綺麗な状態を保つと言われています。しかし、それは多湿な夏がある日本で…